We charge a 580 yen flat rate for shipping / 送料全国一律580円

CLOSING CEREMONY Magazine 02

Sale price

¥0

Regular price ¥4,400
( / )
America is so photogenic
2013年に上海で設立されたセルフ・パブリッシングスタジオ"Same Paper"によるオリジナルフォトマガジン"Closing Ceremony"。
第2版である今号は"Americano"についてです。
 
今号ではアメリカの写真史を編集する方向性ではなく、現代のアメリカとアメリカの写真を観察し、ノット・トゥ・シリアスな語りとリラックスした文脈の中で紹介しています。
アメリカを拠点とする10名以上のフォトグラファーを招き、アメリカン・スピリットを中心にジェンダー、政治、階級、消費といったトピックが展開されています。
日常の些細なことが明るくクリアなライトの中にセットされ、フォトグラファー達によって再構築して可視化されることで、現実と虚構の区別がつきにくい新しい秩序が生み出されます。
そしてアメリカの混沌の中の彼らの声をイメージを通して聞くことができます。
トランプタワーの底に迷い込んだ観光客のイメージも、ロサンゼルスの豪邸でヘルシーな料理を作る白人中流階級の男性のイメージも、フォトグラファーによって作り上げられた一連のイメージであり、誇り高きアメリカ人のポートレートとは大きなコントラストをもたらしています。


今号には写真以外にも、アーティストやキュレーター、研究者による記事や、アメリカ人アーティストのドレイク・カーが描いたイラストを特集し、アメリカというテーマを様々な形で紹介しています。またビジュアル・コミュニケーション研究者のジョエル・ヴァシュロンを招き、アメリカのビジュアル・カルチャーをテーマにした写真エッセイ"The Proud Smoke"も掲載しています。

The second issue of Closing Ceremony Magazine is about Americano. In this issue, Instead of taking the American Photography History as the editing orientation, we attempt to continue our Not-Too-Serious narrative, and present the observation of contemporary America and American Photography in a relatively relaxing context. Centering American Spirit, we invited more than 10 U.S. based photographers, expanding this issue into topics such as gender, politics, class and consumption. By re-constructing and visualizing the minor details of the daily life, setting them in a bright and clear lighting, these photographers create a new order, in which the realness and fiction is hard to distinguish. And through the images, their voices can be heard among the chaos which America is going through. Either the images about tourists lost in the bottom of Trump Tower, or the images of white middle-class men cooking healthy food in a mansion located in L.A., a series of images are created by these photographers, which bring a huge contrast to the proud American portraits.

Apart from photography, articles written by artists, curators, researchers come along in this second issue, as well as a set of special featured illustrations drawn by American artist Drake Carr, which brings the topic America into various forms. We also invite the senior lecturer and investigator of Visual Communication of ECAL Joël Vacheron to write a photographic essay about American visual culture, The Proud Smoke.


CLOSING CEREMONY Magazine 02 features 10 contributing photographers: Buck Ellison, Charlie Engman, Chris Maggio, Eva O'Leary, Gregory Halpern, Matthew Connors, Peter Sutherland, Pixy Liao, Sophie Tianxin Chen, Torbjørn Rødland, along with an essay written by Joël Vacheron, articles written by Robin Peckham and Peng Ke.

CONDITION:NEW

Sizing

202 pages
16 pages booklet of Chinese (Simplified) Translation for China mainland only
210 x 275 x 14 mm
Softcover
Printed in Zhejiang, China
Summer, 2019

Shipping

配送料は全国一律580円(税込)となっております。

西濃運輸にて商品を発送させていただきます。

※北海道・九州・沖縄、その他の離島や遠隔地へは通常のよりもお時間がかかる場合がございます。予めご了承下さい。

Return Policy

お届けした商品につきましては、到着後8日以内にご確認をお願いいたします。

商品に不備が見つかった場合、返品、交換を承らせていただきます。

お手数ですが、 info@fifth-general-store.jpまで返品、交換の旨をお送りください。

また、商品不備や当店の手違いによる返品、交換につきましては当社が返品送料を全額負担の上、ご対応させていただきます。

measuring guide ※ 採寸についての詳細はこちらよりご覧ください。